日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか // 現在 Google Photo との連携機能に障害が発生しておりスマホでの閲覧時に写真が見れなくなっております

SIGMA sd Quattro H

館山散策

最近館山へ行く機会が増えた。理由はもちろん釣りなのだが観光的なことを全くしていなかったので釣れない時の気分転換として昼食をとってから近くを散策することにした。まったく釣れない時は何をやっても釣れないものだ。 帰り際に撮った一枚。ブルーシート…

大倉川釣行

昨年のことだが福島県の磐梯山の麓にある五色沼、そのうちの秋元湖の水源の一つの大倉川へと行くことにした。 原発事故の影響で2011年から禁漁となっていたのだが昨年からようやく解禁となったのだった。8年もの間禁漁となっていた河川がどういう状況になっ…

年明けの駿河湾

年末年始の帰省のタイミングで友人たちと静岡へ釣りをしに行くとこにした。もう4年くらい続けているだろうか。普段は入れ替わりで2,3人で行くことが多いのだがこの日は釣りをする友人4人で出かけられることになった。 さすがに正月なのでそこまで人は多く…

魚野川本流

新潟県を流れる信濃川の上流部、その支流に魚野川という河川がある。今回はそこへ向かい釣りをすることにした。以前からこの川のことは知っていてスキーシーズンに越後湯沢を訪ねた際にここで釣りをしてみたいなと思っていた場所だ。訪ねた時期は雪もなく冬…

奥只見から新潟へ

新潟県と福島県の境に奥只見湖(銀山湖)と呼ばれる湖がある。只見川の上流に位置して総貯水量は日本で2番目という大きな人造湖だ。 そこからさらに上流部の奥只見川の本流で釣りをすることにした。 入渓してすぐに反応がありヤマメとイワナが顔を見せてく…

福島県鶴沼川釣行

喜多方でラーメンと言ったらここは外せない。早朝から店が開いているので朝食にとやってきたのだがもうすでに人が並んでいて驚いた。店内に入るとあっと言う間に満席になってしまった。 都内などにあるチェーン店では醤油味が提供されているのだがここ本店で…

下部川の現状

20年ほど前にたまに行っていた下部川(しもべがわ)へと行ってみることにした。この河川で釣りをするのは本当に久しぶりなのでどういう状況になっているか楽しみだ。 門西家住宅の少し下流から入渓する。渓相はよさそうだ。左側の山の斜面から時折鹿の鳴き声…

奥多摩釣行

東京都と神奈川県の境目を流れる多摩川。その源流部である山梨県の丹波山村へと向かうことにする。小河内貯水池、通称奥多摩湖から下流が多摩川(たまがわ)上流の山梨県側が丹波川(たばがわ)となっている。現在の多摩という名前はもともと丹波(たば)と…

新川川釣行

仙台市を流れる一級河川の広瀬川の源流部に新川川(にっかわがわ)という河川がある。近くには作並温泉やにニッカウィスキーの蒸留所などがあり知っている人も少なくはないのではないだろうか。その昔ニッカウィスキーの創業者の竹鶴政孝がこの地に蒸留所を…

役内川遠征

秋田県は田沢湖の近くに乳頭温泉がある。個人的に結構好みの泉質で雰囲気も良く以前訪れた時にまた来たいと思わせてくれた。そういう理由もあってその近くに宿をとり翌朝に南下して役内川へ向かうことにした。 翌朝早くに田沢湖を訪れると幻想的な景色を見る…

佐野川釣行

今回は山梨と静岡の県境付近を流れる佐野川へと向かう。道中の景色がよかったので思わず一枚。富士川を見下ろすような位置でひらけていた。それにしてもどこへ行っても電柱と電線は写り込む。 目的の場所に到着した。この橋の下がちょうど落ち込みになってい…

栃代川源流釣行

いつもの友人と日程があったので富士川の支流、常盤川水系にある栃代川へ行くことにした。毎年訪れているのだがどういうわけか源流部までは行ったことがなかったため今回は車で行ける最上流部まで行って釣りをすることにした。いい天気だが暑すぎるので足早…

米代川水系釣行

秋田県は米代川水系にある阿仁川の支流、小阿仁川へやってきた。水量がとても多く渓相もなかなかよさそうだ。 川に立ちこむと想像以上に水流が強く長時間の立ちこみは危険に思える。魚の反応は全くと言っていいほどなく友人たちと相談し場所を移動することに…

沼津周辺の湧水群

久しぶりに沼津へ行くことにした。昔は現在ほど人が多いような印象はなかったのだが漁港が観光地化することで大勢の人が外から訪ねるようになったのだろう。 漁港からそう遠くない場所に柿田川湧水群がある。好きな場所の一つで何度か訪ねている。 国道一号…

梅雨の富士川水系 - その2

午前中の釣行の続き。 午前中でいいサイズの魚が釣れたため午後は別の川へ向かい様子を見ることにした。 下部から本栖方面へ向かう途中にある栃代川へ向かう。 この川は渇水時でも比較的水量があるため普段よりもかなり急な流れになっていた。この岩場は普段…

梅雨の富士川水系

梅雨の時期に帰省する機会ができた。ついでに釣りに行こうと思っていたのだが釣行の予定日の前日まで大雨となりあきらめかけていたがそれが杞憂に終わるほどの好天となった。 元気に育つ稲を横目に釣り場へと向かう。 先日までの雨の影響でかなり増水してい…

仙川沿いをぶらぶら - その3

前回からの続き 目的の曜変天目を見ることができたので二子玉川へ向かうことにした。 美術館の奥を進むと岩崎家廟がある。山を下りられる場所を探す。 廟のすぐ近くに階段がありここから降りられるようだ。 水路沿いをしばらく歩いて野川方面へ向かう。 仙川…

仙川沿いをぶらぶら - その2

前回からの続き。 岡本公園周辺を散策する。 公園に入るとすぐに竹林があり周辺住民(おもに幼い子供たち)の遊び場になっているようだった。ちゃんと手入れされているようでタケノコも新しいものがたくさん生えていた。 岡本公園をぶらぶらしていると民家園…

仙川沿いをぶらぶら - その1

唐突だが曜変天目という茶碗をご存じだろうか。 世界で3点(4点という説もあり)しか現存しない茶碗で、中国は南宋時代に作られたとされている。その現存する碗のすべてが日本にありそれも日本各地で同時期に展示されるというのだ。そのうちの一つが世田谷区…

忍野を散策

GWに忍野へ行ってきた。忍野といっても今回は釣りではなく散策と写真を撮る事が目的だ。釣りの時はあまり写真を撮る余裕がないため今回のような時間を作りたかったのだ。 いつもの場所ではあまり人影がなく親子で釣りをしている二人しかいない。こんな光景は…

南アルプスの釣り - 後編

前編からの続き。 先日の広河原での釣りが消化不良気味だったため南アルプスの別の河川で釣りをすることにした。広河内岳を水源とする広河内川だ。 早川本流付近にある発電所から 2km ほど歩き、つり橋のあるあたりから釣りを始めることにした。 しかしこの…

南アルプスの釣り - 前編

お盆明けに休暇を取り実家に帰省することにした。いつも通り友人たちに連絡を取り釣りに出かけることにした。場所は南アルプスの野呂川にした。野呂川へ入ることができる広河原へはマイカー規制のため奈良田からシャトルバスで向かうことになる。 広河原に到…

富士登山

「富士山に登ったことがあるか」 友人にそう聞かれ「何度かあるよ」と答えたら「登りにいかないか」と誘われ二つ返事で登山の予定をたてることとなった。 富士登山は8月の上旬だと比較的天候が安定していて山頂からのご来光が見れる可能性が高いためその時…

日本民藝館

目黒区は駒場にある日本民藝館で書物工芸展が催されている。そんなニュースを見た。そういえば民藝館は以前から気になっていた建物だったが一度も中に入ったことがなかったのでいい機会だと思い訪ねることにしたのだった。 日本民藝館は西館と本館に別れてお…

お伊勢参り

以前から一度は訪ねてみたいと思っていた伊勢神宮へやってきた。 何も下調べをせずに訪ねたため内宮と外宮があることも知らず到着してからどちらへ行ったらいいのかとネットで情報を検索することになった。 ひとまず外宮とその周辺を散策することにした。 早…

紀州散策

紀州の南端に位置する紀伊大島を訪ねた。 この島はその昔、トルコの軍艦が座礁しそれを住民が助けたことでも知られている。 金山登山道から海を見るとまるで南国のような色彩で、思わず写真に納めてしまった。 対岸には橋杭岩という列岩が見える。 登山道の…

高野山を散策

前日の釣行で高野山から車で30分ほどの所に宿泊していたので起きてすぐに高野山へ向かうことにした。早朝だったためかあまり人がおらず快適に散策できた。 早朝に訪れた理由はこれ。宿の人に「野迫川村の雲海は素晴らしいよ」と教えていただいたので朝5時に…

銚子沖ジギング

知人に誘われて久しぶりに海での船着りに行くことになった。場所は千葉の銚子沖で狙う魚は青物だそうだ。ジギングで狙うのでいつくか用意するようにと言われたので上州屋へ行きいくつか買って向かうことにした。 現地に着いたのは朝の4時ごろでまだ船が出る…

キリクチという魚 - 後編

前編からの続き。 キリクチという魚 - 前編 - 日々に疎し 2日目は初日と同じ天川村にある別の川、洞川(どろがわ)へ向かうことにした。 少し早めについたため周辺を散策することにした。 洞川の温泉街を少し抜けた所にある竜泉寺を訪ねた。境内に綺麗な湧…

キリクチという魚 - 前編

三重、和歌山、奈良県を流れる熊野川の源流、紀伊半島の中央部の山奥にキリクチと呼ばれる魚がいるという。南アルプスに生息するヤマトイワナの一地方系群で本来の日本におけるイワナの南限だ。(現在では放流によって九州でもイワナが生息している) 2003年…