日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

宮島散策

GW の連休を利用して広島の宮島へ行ってきた。

宮島は通称で正式には厳島というようだ。

今回は SIGMA 35mm f1.4 で撮影してみた。

朝早かったためフェリー乗り場に人はほとんどいなかった。

 

始発のフェリーに乗り宮島へ向かう。

漁船だろうか。広島といえば牡蠣が有名だがこのあたりでも養殖しているのだろうか。

 

フェリーで前に座っていた方が連れていたチワワ。

 

商店街を抜け神社へ向かう。

早い時間なので開いている店はなかった。

 

有名な鳥居。引き潮でかなり近くまで行くことができた。

 

鳥居を背に正面から。中央にある台は式典などで使われるのだろうか。

 

誰もいない廊下を歩く。

 

鳥の声がするので見てみると枝をくわえた小鳥がいた。

どうやら境内に巣を作っているようだった。

あえて放置しているのだろうか。

 

境内を抜けると鹿に出会った。

落ちた桜の花びらを食べていた。

宮島はいたるところに鹿がいるのだが、人を怖がりもせず近づいても逃げるようなことはなかった。

 

私は初めての宮島なので知らなかったのだが意外に広く、川も流れていて驚いた。

山の方へ向かってみることにした。

 

 阿吽の間を抜け階段を登る。

 

よく見ると昭和十四年と書かれている。戦前のもののようだ。

緑青が出てしまっているが当時は金色だったのだろう。

 

階段の中央にはマニ車のついた手すりがあった。

チベット仏教の寺院なのだろうか。

 

階段の脇には大量の石仏があり、毛糸の帽子を被っていた。

 

寺の脇には谷があり渓流があった。

谷はそんなに深くはないはずだが、その割に水量があり驚いた。

広葉樹が多いのだろう。

 

渓流脇の登山道には石仏があった。

 

山を降りると商店街があり有名なもみじ饅頭のお店があった。

どの店も型が見えるように設置してあるようだった。

 

先ほどまでいた山の寺院を望む。

 

厳島神社のすぐ近くにある寺には人が全くいなかった。

 

寺から見える景色。

 

帰りに商店街を歩く。

上のじゃばらの屋根は畳んでおけるようで、ここでしか見たことがない。

必要があれば日も入れられるのですごくいいアイディアだなと思った。