日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

千葉の山奥をぶらぶら

そうだ千葉に行こう。

どこかで聞いたことのあるようなフレーズが頭に浮かび連休を利用して訪ねることにした。

もともとは東北へ行こうか、それとも東海あたりをまわってみようか、などと考えていたのだが調べてみると東北は紅葉が終わってしまっているし、東海地方はこれからというタイミングで千葉がちょうど紅葉の時期だとのことだった。それに考えてみると千葉で行ったことのある場所といったら船橋や頭に「東京」と名のつくテーマパークあたりまでで、それよりも南、南房総へは行ったことがなかったのだ。これはいい機会だと思い足を伸ばすことにした。

アクアラインを利用すると南房総のあたりまで2時間ほどでたどり着くことができた。

紅葉の名所だという養老渓谷を散策する。 

 

養老渓谷へ向かう途中2重に穴が空けられたトンネルがある。元々は上の出口は使われていたのだが下に出口を通したためこのような形で残っているとのことだ。トンネルを抜けて渓谷沿いの遊歩道に降りる。

 

遊歩道に降りると多くの観光客の姿があった。 

 

遊歩道は先日の雨の影響でぬかるんだ場所が多かった。雨が降った後に訪れる場合には泥で汚れてもいい靴で行くことをおすすめする。

 

歩道の脇には小さな滝があり、歩道を横切って渓谷へと流れている。

 

渓流にせり出した紅葉を見ることができた。赤、橙、黄色、黄緑、緑とグラデーションが綺麗だ。今年は気温が高く紅葉が遅れているとのことだが、これはこれで美しい。

 

こちらはまだ赤くならずに全体が黄色くなっている。

 

赤と緑が混ざっている。同じ場所にあるのに陽の当たり方が違うのだろうか。 

 

 遊歩道を進むと栗又の滝にたどり着いた。多くの観光客が記念撮影をしている。

陽の差し込み方が真上からではなかったので紅葉の箇所だけに日が当たっていて明暗差が大きく撮影するのが難しい。

ここで国道に抜ける階段があったのでそのまま上がることにした。