日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか // 現在 Google Photo との連携機能に障害が発生しておりスマホでの閲覧時に写真が見れなくなっております

白神山地での釣り

友人から連絡があり「久しぶりに連休がとれそうなので東北にでも釣りに行かないか」という誘いをもらった。私もここ数年は東北で釣りはしておらず、遠征しても奥日光までしか行ってはいなかったので休暇を合わせて釣行を決めた。

場所は10年ほど前に行った青森県白神山地を水源とする追良瀬川へ行くことにした。以前この川で釣りをしたときはいい型の魚が数が出たので今回も楽しみだ。

初日は車での移動のみで終了。翌朝早くに青森の弘前から追良瀬川へと向かった。

 

現地に着くと強い雨が降ったり止んだりで少し不安がよぎる。車を停めるとちょうど漁協の方がいて「鉄砲水のようになるかもしれないから雨が強くなったらすぐに上がるように」と警告されてしまった。まあ、そうなってしまったら諦めて上がるしかないのでひとまず釣りを始めることにした。

 

すぐに小さいサイズだがヤマメが反応してくれた。このサイズのわりに体高がある。ビーズヘッドニンフを丸のみにしてしまっている。ヤマメに関してはこのくらいのサイズばかりが反応してこれ以上のサイズは出てはくれなかった。

 

イワナのアベレージは20cm強くらいだろうか。アメマス系のイワナの反応が多い。

 

友人が30㎝以上はあるイワナを釣り上げた。アメマス特有の大きな白斑が全身にある。 

 

川のそこら中にポイントがあって複数人での釣行もやりやすい。

 

私もようやくのサイズアップで31㎝のイワナが出てくれた。これもアメマス系だ。かなりパワーがあって寄せたと思ってもすぐに反転して流れに戻ろうとする。これくらいのサイズが反応してくれると楽しい。

 

午後になりようやく晴れてきた。友人たちも釣れているようで安心した。

 

大きな堰堤に着いた。反応はあるのだがサイズが上がらずここで時間切れで終了となった。2度目の釣行もいい思いをさせてもらったのでまた訪ねたいと思う。