日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか // 現在 Google Photo との連携機能に障害が発生しておりスマホでの閲覧時に写真が見れなくなっております

栃代川源流釣行

いつもの友人と日程があったので富士川の支流、常盤川水系にある栃代川へ行くことにした。毎年訪れているのだがどういうわけか源流部までは行ったことがなかったため今回は車で行ける最上流部まで行って釣りをすることにした。いい天気だが暑すぎるので足早に川へと向かう。

 

源流部は巨大な岩がそこら中にあって川を登って行くのも容易ではない。岩の間にできたポイントを探っていく。

 

水は透明度が高く水温はとても冷たい。手を入れると30秒で限界になってしまうくらい冷たかった。あまりにも水温が低く魚の活性に影響があるのか、他の原因かはわからないのだが反応があってもおかしくはないようなポイントでも全く反応はない。試しにカメラを水中に沈めてみたのだが魚影は全く見ることができなかった。早々に諦めていつものあたりまで川を下ることにした。

 

道を下る途中でボロボロになってしまった看板を見つけた。ハコネサンショウウオの生息地だそうだ。この川にサンショウウオがいるとは思わなかったので少し驚いた。そう言えば釣りをしていてヤモリなら見かけたことはあるのだがサンショウウオは見たことがない。

 

いつもの場所まで下って入渓する。この辺りまでくると水温も落ち着いて状況も良さそうだ。

 

20cm ほどのニッコウイワナが反応してくれたのだが後が続かない。やはり相当な数が抜かれてしまっているように思う。

 

友人にもいいサイズの反応があったのだがよそ見をしている時で合わせられず。

 

渓相はいいのだが反応があまりよくなく堰堤のあたりで上がることにした。

 

堰堤でもカメラを沈めてみたのだが魚影は全く見られなかった。この川でこういう状況は珍しいので訪ねた時期が悪かったのかもしれない。また時期をあらためて訪ねたいと思う。