日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

ヨセミテ国立公園

サンフランシスコから車で4時間ほど東へ行くとヨセミテ国立公園がある。

Mac OS のバージョンの名前にもなっているので聞いたことがある人も多いのではないだろうか。この写真の左側にある切り立った崖が El capitan で中央にちょこっと飛び出しているのが Half Dome だ。壁紙になっているので見たことがある人も多いと思う。

 

こちらは Yosemite fall だ。この時期は雪解け水のため水量が多い。迫力のある滝が見たいのであれば6月の下旬ごろ訪れるのがいいだろう。

 

熊注意の看板がいたるところにある。見慣れてしまったので「出たら仕方がない」くらいの感覚になっている。

 

ミラーレイクトレイルを歩くことにした。ふと上を見上げると Half Dome が見える。巨大すぎて感覚がおかしくなる。

 

ミラーレイクに到着すると多くの観光客が水遊びを楽しんでいた。

 

トレイルを進みスノークリークで折り返すことにした。

道中なんとボブキャットとすれ違ったのだがカメラの準備ができておらず写真に納めることができなかった。本当に可愛かったのでとても残念だ。野生のネコ科の動物を初めて見ることができとても感激だ。

 

スノークリークでも一応竿を出してみたのだが反応は全くなかった。今は雪解けで水量が豊富だが普段はほとんど水がないのかもしれない。

 

ハーフドームビレッジまで戻り宿にできそうな場所を探す。

今夜はこの辺りで泊まることにした。

 

翌朝、起きて近場を散歩する。朝焼けに岩山が照らされとても美しい。Mac OS Sierra の壁紙もこの時間に撮影されたものだろうか。

 

草原が雪解け水で満たされていた。奥に見える山にはまだ日が当たっておらず草原とのコントラストがきれいだった。

 

帰路の途中、VISTA POINT でリスを見つけた。カメラを構えて近づいても全く逃げない。可愛いのだがリスなどの野生動物は様々な菌を持っている可能性があり、もし噛まれた場合に感染症を発症するリスクが高いため安易に近づいたりしない方がいい。

少し距離をとりつつ写真に納めた。野生動物を撮りたいのであれば望遠レンズを使うことをおすすめする。

それにしてもヨセミテは人が多かった。シエラネバダ山脈を南から縦断して来たが一番人が多かった。もし訪れる場合にはシーズンを選んだ方がいいかもしれない。