読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

里川でアマゴ釣り

MACRO 70mm F2.8 EX DG SIGMA sd Quattro H 釣り Fly Fishing

f:id:hagaeru3sei:20170316131220j:plain

日本では北海道を除く自治体で鮭、鱒類に禁漁期間が設けられており、多くの地域で10月から2月までが禁漁となる。

3月で解禁となり連休もあるので地元に戻り友人と釣りをしてきた。

SIGMA sd Quttro H + 70mm/f2.8 MACRO で魚を撮るのは初めてなので釣れるのが楽しみだ。

f:id:hagaeru3sei:20170316102510j:plain

ここは中学生のころによく釣りをしていた場所なのだが、数年前の台風による大雨で川底に土砂がたまり、魚が定位できる場所がほとんど無くなってしまった。

数少ないポイントを狙うも魚の反応はまったく無い。

また昔にはなかった柵が土手の上に張り巡らされており川に入る場所を探すのに時間がかかった。

これは近年に増加した鹿対策で、川から上がってきた鹿が畑などに侵入できないようにするためのようだ。

川を上がると地元の方に話しかけられたがこの辺はぜんぜん釣れないから他へ行ったほうがいいと教えてもらった。

それと鹿のせいでヒルがいるから気をつけてとの事だ。

草むらを歩くと靴を上って侵入してくるらしい。

魚の反応がまったく無いのとヒルの話でなえてしまったので早々に場所を変えることにした。

f:id:hagaeru3sei:20170316102647j:plain

川の脇には桜が咲いていた。

この時期だと彼岸桜だと思うが今年は寒かったようでまだ3分咲きくらいだった。

f:id:hagaeru3sei:20170316144953j:plain

別の川へ移動し数匹のアマゴを釣ることができた。

一枚目の写真はそのうちの一匹。

川から上がるとフキノトウが芽を出していた。

天ぷらにすると最高にうまいのだが、このくらいまで大きくなるとフキみそにするといい。

2017年の釣りはじめはなかなかよかったと思う。

f:id:hagaeru3sei:20170317110434j:plain

翌日は友人と別の里川で釣り。

里川なので渓流と違い川に入りやすい。

この場所にはまだ鹿用の柵は設置されていないようだった。

f:id:hagaeru3sei:20170317103134j:plain

この時期は水温がまだ低いので魚の活性が低い。

このため渓流よりも流れの緩やかな里川の方が魚の反応がいい。

渓流は5月ごろからだろう。

f:id:hagaeru3sei:20170317100935j:plain

浅瀬にはハヤの稚魚が群れていた。

f:id:hagaeru3sei:20170317132745j:plain

ふと足元の石に目をやると沢ガニがいた。

近づいても逃げず、逆に威嚇されてしまった。

f:id:hagaeru3sei:20170317135029j:plain

やっと釣れたと安堵した友人。

f:id:hagaeru3sei:20170317124943j:plain

あまり大きくはないが釣れないよりはいい。

この個体は朱点が少ない。

f:id:hagaeru3sei:20170317141328j:plain

こちらは私が釣ったアマゴ。

この時期にしてはまあまあのサイズ。

このまま成長してくれればオフシーズン直前の9月には25㎝ほどにはなっているだろうなどと思いながらリリース。

また楽しませてもらいたい。

京都をぶらぶら

SIGMA sd Quattro H 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM MACRO 70mm F2.8 EX DG 京都

f:id:hagaeru3sei:20170212140949j:plain

 

2月の京都をぶらぶら

撮影機材

SIGMA sd Quattro H, MACRO 70mm F2.8

 

f:id:hagaeru3sei:20170212141212j:plain

寺院の装飾は実は鮮やか。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212141716j:plain

f:id:hagaeru3sei:20170212142722j:plain

シャープなマクロなのでおしべとめしべまでくっきり映る。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212142814j:plain

手水舎のカット。

光の具合と底の色がきれいだったのでハイキー気味に。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212143759j:plain

微妙に違う朱色。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212144154j:plain

おみくじだろうか。

竹ぼうきのようなものにくくりつけているのは初めて見た。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212141548j:plain

北野天満宮には様々な種類の梅が植えられている。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212145345j:plain

北野天満宮を抜けすぐ脇を流れる天神川沿いを歩く。

ふと見上げると左大文字が見えた。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212150223j:plain

トンネルの半分が川という不思議な構造。

こういう道は初めてなので驚いた。

この一枚だけクロップモードで撮影。

撮影機材

SIGMA SD Quattro H, 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM

 

f:id:hagaeru3sei:20170212155830j:plain

山を登り光悦寺へ。

屋根の上には数日前に降った雪が残っていた。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212161616j:plain

光悦寺から京都盆地を望む。

 

f:id:hagaeru3sei:20170212162131j:plain

屋根からはキノコが生えていた。

マクロで寄って撮影。

こういうローキーでウェットな絵は SIGMA が得意としているように思う。

 

f:id:hagaeru3sei:20170226161007p:plain

今回のルート。

いろいろと見て写真を撮りながらだったので3時間以上かかったように思う。

北野天満宮はさすがに大勢の人が訪れていたが、そこから先のルートはマニアックだったのか観光客には全く出会わなかった。

さて次はどこへ行こうか。

久しぶりの更新

日々の雑感

35歳になった。

そういえば昔はてなというサービスを利用していたことを思い出した。

よくよく考えてみればこの会社のサービスから毎月引き落とされているではないか。

なぜ利用していなかったのか。。

今後は何かあれば書くことにする。

写真が好きなので旅行にでも行ったらレポートでも書こうか。

昨年の年末に SIGMA SD Quattro H というカメラを手に入れたのでそのサンプル画像を上げてみるのもいいかもしれない。

このカメラはセンサーのサイズが APS-H で APS-C のレンズが使えない。

いや、使えないというのは正確ではない。

このカメラにはクロップモードという機能がついていてセンサーのサイズを APS-C として利用することができるからだ。

だがせっかくの大きなサイズのセンサーを利用しないのはもったいないではないか。

簡単に言うとセンサーが大きくなれば画質がよくなるためだ。

私が所有しているレンズでこのカメラのセンサーに適合したレンズは 70mm f2.8 のマクロレンズだけ。

このレンズ、今は生産完了となっていて手に入れたければ中古市場を探すしかないのだが、写りがよくなかなか中古市場に出回らないとのことだ。

このレンズなら多少設計が古くともいい写りになってくれるのではないか。

そんな期待をしつつ次回のブログに何を撮って載せようかと考えている。

35歳になった。

嫁はまだか。

 

 

2011年を振り返って

2011年。

今年は多くの人にとって忘れられない年になったに違いない。

日本では東日本大震災が発生し津波で多くの人が亡くなった。安全なはずの原発から放射能が漏れ未だ家に帰れない人達が大勢いる。

世界ではジャスミン革命以降、反政府運動が盛んになり、ウサマ・ビンラディンやカダフィが殺され、未だ多くの国で内紛が続いている。

先日の話だが北朝鮮の金正日も死亡したらしい。

また、著名人も無くなった。

僕はApple信者という訳ではないが10年ほど前に遊びで作曲なんて事をやっていて、そのために選んだシーケンスソフトがDP。Mac版しかなったので初めて買ったパソコンは当然Macだった。

当時はCPUが非力だったため新製品の発表を楽しみにしていた。

その当時発表を行なっていたスティーブ・ジョブズも亡くなった。

他にも数多くの著名人が亡くなった様に思う。

 

自分自身は何をしただろうか。

先日飲んでいる時に「今年一番の自分にとっての出来事は何だろう。震災以外で。」と尋ねられたので迷わず「震災だ」と答えた。

何故それを選んだのかというと、震災当時「sinsai.info」という復興支援サイトが立ち上がりそれを少しだけれど手伝わせていただいた事と、実際に現地でボランティア活動を行い現地の方やボランティアの方の声を聞かせてもらい、いろんな方との出会いがあった事が大きかった。

今までそういう事をしたことがなかったからだ。

それを話すと「なるほど」と納得してくれた。

僕は川釣りが好きでよく東北に出かけるのだけど福島のあの辺りはもう行けないのかと思うと少し寂しい気持ちになる。

現地の方は寂しいどころでは無いだろう。

事故後に福島へ行った。現地の方と温泉に入る機会があり話をしたのだけど「みんな逃げちまったぁ」と笑いながら話していたのが忘れられない。あの方はどうしているだろうか。

 

また自分の話。

普段僕はプログラマみたいな事をやらせていただいていて、普段はPの付く言語を触っているんだけど今年はJavaに触る機会があって「今年はJavaやるぞー」「Hbase使うぞー」とか思っていたけどそこまで触れなかった。

何か焦って空回りしている気がする。

少しだけど着実に進めているだろうか。

そして来年は何をしようか。

人生が楽しめるように生けるといいなと思う。

最後まで駄文にお付き合いいただきありがとうございました。