日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

高野山を散策

前日の釣行で高野山から車で30分ほどの所に宿泊していたので起きてすぐに高野山へ向かうことにした。早朝だったためかあまり人がおらず快適に散策できた。

 

早朝に訪れた理由はこれ。宿の人に「野迫川村の雲海は素晴らしいよ」と教えていただいたので朝5時に起きて撮影ポイントに向かったのだが、この日はタイミングが悪く見ることはできなかった。それでも濃淡の異なる連続した稜線はとても綺麗でこれはこれで悪くないなと思わせてくれた。

早々に撮影を切り上げて高野山へ向かう。

 

女人堂。その昔、高野山が女人禁制だったころ、女性たちはここへ宿泊していた。そのしきたりは明治まで続いたらしい。ここから先へは女性は立ち入ることができなかったが、今では多くの女性参拝者が訪れている。海外からの旅行客も多く見られた。

 

女人堂から 1km ほど歩いて壇上伽藍へ。近年に再建されたものだそうだ。朱色がとても鮮やかだ。その大きさにも圧倒される。

 

金堂。こちらは昭和初期に再建されたものだそう。

 

金剛峯寺周辺から 3km ほど離れた場所ににある奥之院へ向かう参道を進む。

 

参道のいたるところに小さな石を積んだ石塔が作られていた。雨風で落ちた石をまた次に訪れた人が積み直しているところを想像して賽の河原の話を思い出した。

 

結城秀康石廟。荘厳な様に思わず写真に納めてしまった。

 

 奥之院手前の川。これより右側に奥之院があるのだが撮影禁止となっているため撮影はここまでとなった。

初めての高野山だったのだが、広範囲に寺院があるため1日で全てまわろうとするとかなり大変だ。近場に宿をとり金剛峯寺周辺と奥之院とで分けてまわった方がいいかもしれない。

銚子沖ジギング

知人に誘われて久しぶりに海での船着りに行くことになった。場所は千葉の銚子沖で狙う魚は青物だそうだ。ジギングで狙うのでいつくか用意するようにと言われたので上州屋へ行きいくつか買って向かうことにした。

現地に着いたのは朝の4時ごろでまだ船が出る気配がなかった。そのうちに空が明らんできたので船に荷物を積み込む。まだ月が明るい。

 

各々が持ってきた道具を船に積み込む。

 

船に明かりが着いた。道具の準備もできたのでそろそろ出港だ。

 

日が上るなか、利根川を下りポイントへと向かう。

 

あまり反応がよくない。移動ばかりでなかなか竿を出す機会がない。こんな状況を10時間ほど続けているので皆疲れ気味だ。

 

本日のヒットルアー。今回は竿とリールは借りる予定でジグは自分で用意したのだが反応がよくなかったのでジグも借りてしまった。そのおかげかイナダ、ショゴ、カンパチをこのジグで釣ることができた。

 

利根川へ戻ってきた。川の色は濁り匂いも川のそれとわかる匂いがする。やっと戻ってきたのだが川が大きすぎるせいか、岸が見えているのになかなか近付くことができない。

 

上からイナダ(ブリ)、カンパチ、ショゴ(ヒラマサ)。

1日ほど熟成させてからいただいたのだが本当に美味しかった。ビギナーズラックに感謝したい。

 

 

キリクチという魚 - 後編

2日目は初日と同じ天川村にある別の川、洞川(どろがわ)へ向かうことにした。

少し早めについたため周辺を散策することにした。

 

洞川の温泉街を少し抜けた所にある竜泉寺を訪ねた。境内に綺麗な湧水の泉があるのが印象的だ。

 

境内を抜け温泉街を散策する。

 

ふと橋から川を覗くと釣り人ならばギョッとする光景が見られた。魚の群れだ。それもコイやハヤではなく鱒の魚影だと一目でわかる。ニジマスだろうか。イワナやアマゴではなさそうだ。この辺り一体は禁漁になっているとのことだがそれにしてもこの数である。興奮して少しクラクラしてしまった。

釣り欲が高まったので上流部に向かい釣りを始めることにした。

 

入渓する。水量がそれほど多くはないが渓相は良さそうだ。

 

竿を出すとすぐにアマゴが反応してくれた。透明感のある綺麗な魚体だ。朱点も多い。

 

こちらの個体はパーマークが綺麗だ。この川ではアマゴをかなり放流しているようで反応がなくなるようなことはなかった。ただイワナは全く顔を見せてはくれない。

 

川と並行して登山道があったため上がって少し歩くことにした。

 

看板を見つけた。釣り以外の情報は全く調べていなかったので、この道が熊野古道だったと初めて気が付いた。

 

女人結界とはすごい名前だなと思いながら入り口付近で少し休憩させてもらった。

 

女人結界のある場所から少し上流でやっとイワナの反応があった。朱点は薄くニッコウイワナの血が混ざっているように見える。

 

この個体は朱点がほとんど目立たず明らかにニッコウイワナのタイプだ。フライを丸呑みにしてしまっている。

 

最後に出てくれた個体は朱点があるがそれに縁取りが見られニッコウイワナの特徴が出ている。この川の個体はヤマトイワナの特徴とは明らかに異なっている。

キリクチのような個体が反応してくれなかったためこの川を上がり野迫川村まで移動することにしたのだが、野迫川村ではキリクチが天然記念物となっていて禁漁となっているようだった。それで釣りのできる川が見つからず夕方になってしまい仕方なく宿をとることにした。

 

その宿で興味深い文献を見つけた。昭和49年に書かれた野迫川村史というものでそのなかに魚類覚え書という章があり、そのなかにキリクチに関する記述があった。それによると弓手原川のイワナ(キリクチ)が世界でのイワナの南限ということだ。またキリクチという名前の由来は頭部の角度がアマゴに比べてきつく、刃物で切ったような形をしているためであろうと書いてある。

イワナの生息域については明治23年と昭和28年の水害によって下谷、中谷、͡コノ谷のイワナは絶滅し昭和48年時点で弓手原川本流のカワセ谷、ナ谷、アズマタ谷にのみ生息が見られるとのことだった。

あまりにも脆弱で貴重な個体群に台風などによる水害、人の手による密漁などでこの幻の魚キリクチの未来はあまり明るくないように思えてならない。文献を読み終えまた状況を確かめるためにこの場所に来ようと思いながら眠りについた。

キリクチという魚 - 前編

三重、和歌山、奈良県を流れる熊野川の源流、紀伊半島の中央部の山奥にキリクチと呼ばれる魚がいるという。南アルプスに生息するヤマトイワナの一地方系群で本来の日本におけるイワナの南限だ。(現在では放流によって九州でもイワナが生息している)

2003年の調査では個体数は300匹程度まで減少しているとのことでまさに幻の魚と言っていいだろう。

今回はそのキリクチに出会うために奈良県の山奥、天川村を流れる川追川の上流部の神童子谷を訪ねてみた。

 

水量もあり渓相もなかなかいい。平日だったためか釣り人も多くは入っていない様子だ。

 

竿を出すと早速アマゴが反応してくれた。このアマゴは朱点が少なくあっても小さく目立たないのでヤマメのようにも見える。

 

水はとても透明度が高く見ているとしばらくそこを覗き込んでしまう。後日ネットで調べると大峰ブルーと言われていることがわかった。

 

アマゴが何匹か釣れたのだがキリクチの気配が全く感じられなかったため川を上がり上流部を目指すことにした。

 

いたるところで崩落があり、道が崩れている場所もあった。

雨になると道が川のようになり浸食が進むのだろう。元々地盤が軟弱なのか、それとも大雨が多いからだろうか。紀伊半島は水害が多い印象があるがそのせいだろうか、などと考えながら上流へと進む。

 

谷へ降りられる場所を見つけ竿を出すとすぐに反応があった。

朱点がある。キリクチだろうか。頭も比較的丸いように見える。ただ脊部に白点も見えるため、違うかもしれない。昔北海道で釣ったオショロコマに似ているようにも思えた。DNA 検査でもしない限りは判定はできないだろう。

 

これもキリクチだろうか。こちらは朱点が濃くヤマトイワナのようだ。全体的にオレンジ色が強く出ている。背部の白点も比較的小さく見える。

 

この個体はニッコウイワナの血が混ざっているように見える。背部の白斑が大きくくっきりしている。

 

3匹だけだったが綺麗な個体を釣り上げることができた。時間も遅くなりそろそろ車中泊できる場所を探すために上がることにした。

 

途中にある支流には禁漁の看板が立てられていた。これで密猟者がいなくなればいいのだが。

 

この分岐から車を上流部に進めた。路面の状況からこの辺りまでは人が多く入っているように思えた。

 

中流部の渓相もなかなかいい。ただ少し流れが強そうに思えたので釣りをするには難しいかもしれない。

 

配管の上にとまる鵟を見つけた。SIGMA 100-400 のズームレンズで撮影。なかなかかわいい顔をしている。

初日でなんとかイワナを釣ることができたので一安心だが、キリクチと一目でわかるような個体には出会うことができなかった。

明日向かう川に期待しつつ泊まる場所を探すことにした。

 

参考

世界最南限のイワナ個体群“キリクチ“の保全生態学的研究--PRO NATURA FUND

 

下田をぶらぶら

伊豆半島の南端あたりに位置する下田へ。強風の影響か、黒潮の蛇行の影響なのかはわからないが、当初の目的だったエギングがボウズだったので近場を散策することにしたのだった。ここを訪ねるのは数年ぶりだ。 

 

ロープウェイから下田市街を見下ろす。 

 

 ロープウェイで訪れた山頂から下田湾を撮影。右上には神子元灯台が見える。

近くにあるように見えるが直線で 10km 以上も離れている。

 

 湾を望む位置には大砲が置かれていた。とてもではないが湾まで届くとは思えない。

 

山を降りて市街を散策していると香煎通りという通りの名前の由来についての立て札を見つけた。伊豆の南端で真田幸村の名前が出て来るとは思わなかったので意外だった。 

 

 その通りにあるカフェ。雰囲気が良さそうだ。

 

 年代物の手押しポンプを見つけた。まだ現役で使われているようだ。

 

 人気のない通りを進む。

 

なまこ壁のある家屋を見つけた。 

 

漆喰と平瓦を組み合わせて作られているそうで、防火と防湿の効果があるとのことだ。

 

民家の軒先で休んでいる猫を見つけた。F1.4 で撮影するとピント面が薄く猫の目を狙ったつもりだったがずれてしまっている。SIGMA の USB ドックで調整が必要かもしれない。