日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

キリクチという魚 - 前編

三重、和歌山、奈良県を流れる熊野川の源流、紀伊半島の中央部の山奥にキリクチと呼ばれる魚がいるという。南アルプスに生息するヤマトイワナの一地方系群で本来の日本におけるイワナの南限だ。(現在では放流によって九州でもイワナが生息している)

2003年の調査では個体数は300匹程度まで減少しているとのことでまさに幻の魚と言っていいだろう。

今回はそのキリクチに出会うために奈良県の山奥、天川村を流れる川追川の上流部の神童子谷を訪ねてみた。

 

水量もあり渓相もなかなかいい。平日だったためか釣り人も多くは入っていない様子だ。

 

竿を出すと早速アマゴが反応してくれた。このアマゴは朱点が少なくあっても小さく目立たないのでヤマメのようにも見える。

 

水はとても透明度が高く見ているとしばらくそこを覗き込んでしまう。後日ネットで調べると大峰ブルーと言われていることがわかった。

 

アマゴが何匹か釣れたのだがキリクチの気配が全く感じられなかったため川を上がり上流部を目指すことにした。

 

いたるところで崩落があり、道が崩れている場所もあった。

雨になると道が川のようになり浸食が進むのだろう。元々地盤が軟弱なのか、それとも大雨が多いからだろうか。紀伊半島は水害が多い印象があるがそのせいだろうか、などと考えながら上流へと進む。

 

谷へ降りられる場所を見つけ竿を出すとすぐに反応があった。

朱点がある。キリクチだろうか。頭も比較的丸いように見える。ただ脊部に白点も見えるため、違うかもしれない。昔北海道で釣ったオショロコマに似ているようにも思えた。DNA 検査でもしない限りは判定はできないだろう。

 

これもキリクチだろうか。こちらは朱点が濃くヤマトイワナのようだ。全体的にオレンジ色が強く出ている。背部の白点も比較的小さく見える。

 

この個体はニッコウイワナの血が混ざっているように見える。背部の白斑が大きくくっきりしている。

 

3匹だけだったが綺麗な個体を釣り上げることができた。時間も遅くなりそろそろ車中泊できる場所を探すために上がることにした。

 

途中にある支流には禁漁の看板が立てられていた。これで密猟者がいなくなればいいのだが。

 

この分岐から車を上流部に進めた。路面の状況からこの辺りまでは人が多く入っているように思えた。

 

中流部の渓相もなかなかいい。ただ少し流れが強そうに思えたので釣りをするには難しいかもしれない。

 

配管の上にとまる鵟を見つけた。SIGMA 100-400 のズームレンズで撮影。なかなかかわいい顔をしている。

初日でなんとかイワナを釣ることができたので一安心だが、キリクチと一目でわかるような個体には出会うことができなかった。

明日向かう川に期待しつつ泊まる場所を探すことにした。

 

参考

世界最南限のイワナ個体群“キリクチ“の保全生態学的研究--PRO NATURA FUND

 

下田をぶらぶら

伊豆半島の南端あたりに位置する下田へ。強風の影響か、黒潮の蛇行の影響なのかはわからないが、当初の目的だったエギングがボウズだったので近場を散策することにしたのだった。ここを訪ねるのは数年ぶりだ。 

 

ロープウェイから下田市街を見下ろす。 

 

 ロープウェイで訪れた山頂から下田湾を撮影。右上には神子元灯台が見える。

近くにあるように見えるが直線で 10km 以上も離れている。

 

 湾を望む位置には大砲が置かれていた。とてもではないが湾まで届くとは思えない。

 

山を降りて市街を散策していると香煎通りという通りの名前の由来についての立て札を見つけた。伊豆の南端で真田幸村の名前が出て来るとは思わなかったので意外だった。 

 

 その通りにあるカフェ。雰囲気が良さそうだ。

 

 年代物の手押しポンプを見つけた。まだ現役で使われているようだ。

 

 人気のない通りを進む。

 

なまこ壁のある家屋を見つけた。 

 

漆喰と平瓦を組み合わせて作られているそうで、防火と防湿の効果があるとのことだ。

 

民家の軒先で休んでいる猫を見つけた。F1.4 で撮影するとピント面が薄く猫の目を狙ったつもりだったがずれてしまっている。SIGMA の USB ドックで調整が必要かもしれない。

伊豆半島でエギング

久しぶりの連休で天気もいいので伊豆の下田まで足を伸ばしてエギングで秋イカを狙うことにした。下田を訪れるのは数年ぶりなので楽しみだ。

 

下田港の神社と2つの防波堤、そして船が通りかかるタイミングで写真におさめた。拡大して見ると釣り人の姿が見える。風がとても強いが釣果はどうだろうか。右の防波堤の先に神子元島の灯台が見える。強風を避けるために風裏を探し移動することにした。

 

外浦の防波堤は山で風が遮られるため風がだいぶ弱まっている。釣りをしていると隣に人がやってきた。この人もエギングでイカを狙っているようだ。私の方はあたりはまだ無い。彼も反応は無いようすだった。

ふらっとやってきた別の釣り人に話をうかがうと昨日は稲取にいたがイカは全くダメだったとのことだ。タイミングもあると思うが黒潮が大きく蛇行している事とは関係があるのだろうか。

 

風が強く湾内の水面は波打って水面下の様子はうかがうことができなかった。

 

隣で釣っていた方も強風と"あたり"が全く無いのとで隣の人と話を始めてしまっていた。私も早々に諦めて近隣を散策することにした。

 

波止場では子供達が釣りを楽しんでいる。連休で家族に連れられてきたのだろう。釣果はどうなのだろうか。

 

カラフルなシーカヤックを見つけた。スクールのようだ。

 

湾内に目を向けるとシーカヤックスクールの人達の姿が見えた。これだけ風が強いときちんと防寒していても寒そうだ。

 

夏場であれば多くの人が海水浴に訪れるのだろうが、この日の浜辺には人はほとんどいなかった。

下田まできてボウズは悲しい。せっかくなので観光して帰ることにした。

春のフライタイイング

3月になると本州以南の多くの河川で渓流魚の釣りが解禁となる。

その準備をしていなかったのでそろそろ巻いておくかと重い腰をあげた。なぜ腰が重いのかは後述する。

 

極小のミッジのパターン。ユスリカのイミテーションだ。あまりに小さくフィールドではほぼ見えなくなってしまうためウィングを多めにつけている。フックのサイズは #30 という極小サイズで世界最小クラスのフックだ。 現在は #32 が最小とのことだがはっきり言って見えない。つまめない。精密工具用のピンセットで持ってバイスに挟み込みタイイングしなければならない。

これが「腰が重い」理由だ。

もし床にでも落としてしまうと見つけるのが非常に困難だしタイイングでも量産していると目がとても疲れる。

 

こちらも #30 のフックだが形状が異なる。こちらの方がタイイングはしやすい。上部のウィングの部分だけ水面に浮かび赤いボディの部分は水面下に沈む。ちょうど羽化しようとしているユスリカをイミテートしている。

 

これでサイズ感が少しは伝わるだろうか。 

 

ウィングに使っているマテリアルの CDC。鴨の尾の付近にある尾脂腺(びしせん)付近の毛だ。鴨が毛づくろいするのはこの脂を全体に塗り浮力を維持し保温するためだ。

 

拡大すると細かい毛が無数にあることがわかる。ここに空気を溜め込み浮力を得るのだ。

 

とりあえず数はできた。

 

ここまで小さいドライフライは使わないという人も多いだろうが春の河川ではこのサイズ"以下"の虫しかいない場合が多く、ライズがあってもサイズが大きいフライだと食べてくれないことが少なくはない。ニンフにして水面下に沈めてしまえばいいのだけれど、せめて解禁直後はドライフライで釣りたいというエゴなのでした。

さて、準備ができたのでどこに行くか決めるとしよう。

 

雪で仕事を早く上がった日のこと

年明け都内に雪が降った。数年に一度の大雪とのことで雪の結晶でも撮ってみようかと思いカメラを持って出社した。

 

11:13 この時間は針状の雪がまとまって降っているようだ。

 

12:04 氷の粒のような雪に変わった。

 

14:40 大きな雪の結晶が見えるようになってきた。窓の外はみるみるうちに雪がつもっていく。

徒歩で通勤しているので電車が止まって帰れないと言うようなことは無いのだが、そろそろ上がることにした。

 

近所の公園では子供たちが楽しそうに遊んでいた。

 

高校生と先生だろうか。こちらも楽しそうだ。

 

公園を抜けて帰ることにした。頭上の木は小枝にまで雪が積もっている。

 

普段の公園とは違う景色。幻想的な感じさえする。

 

田園にも雪が積もっている。

 

標識もそろそろ隠されてしまいそうだ。手がかじかんできたので急いで帰ることにした。

雪の結晶を撮るつもりで持っていった 70mm マクロだったがこの記事を書いているタイミングで新しいモデルが出ると発表があった。すでに絶版になっており中古で探している人も少なく無いはずだ。手に入れて比較してみても面白そうだ。