日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

ゴールデントラウトを求めて - 前編

90年代の半ばごろ。中学生だった私は釣りを始め、餌釣りやルアーなどで遊んでいた。そんなある日、友人の一人がフライフィッシングというものを始め道具を見せてくれたのだがこれが不思議で糸の重さを利用し鞭のように糸を操りその先についた毛針を使って魚を釣る、というものだった。私も始めてみたのだが扱いが難しくこれで本当に釣れるのだろうか、と思えるほどだった。

それからしばらくして1995年のある日。フライフィッシングを始めた私は書店で一冊の雑誌を購入した。

FLY FISHER という雑誌で今でも書店に行けばスポーツのコーナーなどで見つけることができる。そのなかにこんな記事が書かれていた。

 

シエラネバダ山脈ゴールデントラウトトレッキング釣行

なんでもカリフォルニア州の山奥、カーンリバーの上流部にゴールデントラウトという美しい魚が、トレッキングをしないと釣れないような場所にいるとのことだ。またゴールデントラウトの純血種はもうほとんど残っておらず、後から移入されたレインボートラウトとの雑種がほとんどらしい。

その記事を見た私は、この魚をいつか釣ってこの目で見てみたいと思った。

それから月日が流れそんなことも忘れていたのだが、何年か前に実家に帰省した際、本棚にあったその雑誌を見つけ懐かしいななどと思いながらその記事を再読したらその思いが再燃してしまった。それで「今行かないと一生行かない」という思いが強くなり気がつけば旅の準備を始めていた。

 

ロサンゼルス国際空港から高速バスでベーカーズフィールドへ向かいそこでレンタカーを借りカーンビルへ向かう。当初フォードのフォーカスを借りる予定だったがバジェットへ行くとこれを使ってくれとジープを渡された。オフロードへ行くので嬉しい誤算だ。

 

グレンビル経由でカーンビルへ向かう。道路の両側を牧草地が続く。

カーンビルにはフライショップがありそこで現地の情報を教えてもらうと「今は増水しているので本流での釣りは難しい。支流のフィッシュクリークあたりがいいと思うよ」と数日前に撮影したという動画を見せてもらった。そこにはあの「ゴールデントラウト」が映っていた。それと「この先ガソリンスタンドがない」と言うので近場のガソリンスタンドで補給してからその川へ向かうことにした。

ちなみにカリフォルニアでの釣りにはライセンスが必要で私はネットで10日間利用できる非住居者用のものを購入していった。ライセンスはこちらから購入できる。

Sport Fishing Licenses and Report Cards

データが送られてきてプリントアウトして携帯してくれとの事だ。

また事前に購入していかなくても Big5 などのスポーツショップでも購入することができる。当日分のみ欲しいという場合はこちらでもいいかもしれない。

 

カーンビルから1時間半ほどでフィッシュクリークに到着した。この川は日本でいうと奥日光の湯川に似ているように思う。すぐに良さそうなポイントを見つけたので竿を出してみることにした。

 

川は茶褐色だ。タンニンと鉄分が多いのだろうか。良さそうなポイントなので探ってみることにした。

 

なんと一投目でゴールデントラウトが釣れてしまった。おそらくレインボートラウトとのハイブリッドだろう。パーマークがヤマメのようだ。 

 

一投目で釣れたのでそのまま釣りあがることにした。きれいな流れが続く。

 

ふと足元を見るとクマの足跡があった。かなり大きい。

ぞっとして周りを見回したが姿は見えない。おそらく2,3日前のものだろう。

 

良さそうなポイントが続くがその後の反応は全くなくなってしまったので1マイルほど釣りあがったところでこの川から上がることにした。

 

 いたるところにソフトボール大の松かさが落ちている。

 

川へのアクセスはしやすかったのだがその分多くの人が訪れていて釣りはポイントを知っていないと難しいのかもしれない。

今日はここで上がり車中泊に使える駐車場をさがすことにした。

 

カーンリバー本流のリバートレイルの駐車場で一晩をすごす。

まもなく山の稜線に沈む月がきれいだった。

中編へ続く。

 

 

梅雨の南アルプスで釣り

南アルプスのあたりに釣りに行かないか」

友人へそんなメッセージを送ると「○月×日なら空いてるよ」との返事をもらい「ではその日で」とすぐに釣行は決定した。

南アルプスは山梨、長野、静岡にまたがる山脈で国立公園に指定されており、日本で二番目に標高が高い山「北岳」を有する。

その山脈から流れる河川、野呂川や大井川、天竜川の源流部付近にヤマトイワナが生息しているのだ。今回はそれを狙いに野呂川へ行くことにした。

釣行が決定してから数日後の話。友人から連絡があり「野呂川までバスが出ていないみたいだけれど」との連絡をもらい調べると今年は6月23日からバスが運行でその日までは通行止めになっているではないか。なんということだ。諦めて別の河川に行くかどうか相談した結果「通行止だけれど行けるところまで行って釣りをしよう」ということになったのだった。

 

早朝に早川の奈良田のあたりまで行き車を停めて歩くことにした。

この河川は上流部へ行くと早川町の早川から南アルプス市(旧芦安村)の野呂川へと名前を変える。

 

しばらく歩くと発電所とその脇を流れる支流にぶつかる。

広河内岳を水源とする広河内川だ。この支流を釣り上がることにした。

 

川に到着。早朝の渓相が美しい。

 

この時期にしては水量が少ない。友人曰く今月に入ってからの雨量が 20mm に満たないらしい。梅雨に入った6月でこれだと8月のあたりは渇水であまりよくない状況になってしまうだろう。雨量が回復することを切に願う。

 

すぐに友人がアマゴを釣り上げた。ただこの個体はアマゴの特徴である朱点がほとんど見られずヤマメのようだ。本来ならばこの河川ではヤマメが釣れるはずがないのでもしかすると昔に放流された中にヤマメが混ざりその子孫が残っているのかもしれない。

 

こちらは私が最初に釣り上げたイワナ。ニッコウイワナの特徴である白斑が見られる。また、朱点にも縁取りがあり明らかにヤマトイワナとは異なる個体だ。こちらも昔に放流された魚の子孫だろう。

 

水量が少ないがいいポイントが続く。

 

友人が釣り上げたイワナ。この個体は白斑がほとんどなくヤマトイワナの遺伝子を濃く受け継いでいるように見える。

 

移動の途中、河原で鹿の死体を見つけた。ほぼ全身の骨が残っていた。

 

しばらく渓流を登り良さそうなポイントを見つけて竿をだすと友人が大きなアマゴを釣り上げた。31.5cm だ。アマゴはヤマメよりもサイズが上がらないのでこれはかなり珍しい。20年ほど釣りをやっているが 30cm を超えるアマゴを見たのはこれが2度目だ。

 

同じポイントで出たヤマトイワナ。ネイティヴかはわからないが白斑がなく、こちらもヤマトイワナの遺伝子が濃く出ているように見える。

 今回の釣行でまさかヤマトイワナを釣ることができるとは思っていなかったので嬉しい誤算だった。上流にある広河原付近は過去に放流されたであろうニッコウイワナのような個体が多いのだが、この河川はヤマトイワナに近い個体が多いように思う。

この川のヤマトイワナが保護されもっと増えてくれたらと願い帰路についた。 

城崎温泉から京都美山へ

兵庫県豊岡市にある城崎温泉へ行ってきた。数年前に某号泣議員のカラ出張で話題になっていたので知っている人も多いのではないだろうか。

関西ではわりと有名なようで私も件の話以前に「いい場所だから一度は行ってみて」とおすすめされていたので立ち寄ることにした。

 

路地が好きで通りの脇に目をやると階段を見つけた。「これは登らないとな」などと思い足を進める。

 

こうして見ると山間にある閑静な温泉街ということがわかる。静かにゆっくりしたいという人にはうってつけだ。対面する山にはロープウェーが見える。

 

山を降りて温泉街の裏路地を歩く。どうしてもメインよりこっちの方を歩きたくなってしまうのだが、理由はその土地の「生活」が見えるような気がするからだ。画一的な景色よりもその土地の持つものに惹かれる。

 

大谿川沿いの道を歩く。

 

ふと目をやると石碑がある。その昔、桂小五郎新撰組に追われていた時にこの宿に泊まっていたとの事だ。建物自体はそこまで古くないように見えるので建て直されたのだろう。

 

温泉寺という寺を見つけたので立ち寄ることにした。調べてみると1300年ほどの歴史がある寺とのことだ。

 

参道の脇に目をやると外国人観光客の姿が。そういえばここへ来てからあまり外国人を見かけていない。平日というのも関係あるのだろうか。

温泉にも浸かり旅の疲れを癒したところで京都へ向けて移動することにした。

 

久美浜を抜け京丹後から美山町へ。岐阜県白川郷のような景観が見られる。レトロなポストがよく似合う。

 

これらの家屋は今でも普通に人が住んでいる。メンテナンスが大変そうだ。住みごごちはどうなんだろうか。

私は囲炉裏のある家にある種の「あこがれ」のようなものがあって機会があればぜひ泊まりたい。

 

桜はもう終わってしまっていたがレンゲがとても綺麗でこの時期もなかなかいい。他の季節に訪れても楽しめそうだ。

この写真のみ MACRO 70mm F2.8 EX DG を使用。

ISO 100, f8, 1/400 で手持ちで撮影。

山陰を抜け京都の山奥まで戻れた。このあと京都市内に宿泊して都内へ戻ることに。美山をこの旅の締めとした。

次はどこへ行こうか。

出雲から山陰を巡る

休日を利用し出雲の国へ。

山陰地方を訪れたことがなく、一度は行ってみたいと思っていた出雲大社へ。出雲の神様は「縁結びの神様」で我々がよく聞いたことがある「だいこくさま」との事だ。

出雲大社の解説によると単に「男女の縁結び」というだけでなく「互いの発展のためのつながりが結ばれる」ということらしい。

神社での参拝の方法といえば「二礼二拍手一礼」が一般的だがここ出雲大社では「二礼四拍手一礼」だそうだ。いい出会いがあるようにと願い散策を続ける。

 

本殿の脇から屋根を撮る。逆光で難しいが何とか撮ることができた。

訪れたのが休日の昼ごろだったためか人が多く、ブログに載せられるようなカットがほとんど撮れずに残念だ。

 

酒樽が置かれていた。行事の時にでも振舞われるのだろうか。

ISO 100, f4.5, 1/800 で撮影した。f4.5 でこの解像である。

何枚か写真を撮ったがどこに行っても人が映り込んでしまう状態だったのと、昼時でおなかがすいてきたので移動することにした。

 

出雲といえば「出雲そば」が有名だ。写真のように重なっていて上から順に食べていく。いわゆる「ぶっかけ」でこの器に直接つゆをかけていただき、残ったつゆを次の段に入れて食べる。

東京のそばとは全然違う。福井には「越前おろしそば」があるがそのつゆを少しこくしたような感じが近いかもしれない。

 

 

5段はそれぞれ薬味が違う。

ISO 200, f1.6, 1/80 で撮影。ピントが薄い。

お腹もいっぱいになったので少し休んで移動することにした。

旅行の前に「島根に行く」と人に伝えたら「足立美術館の庭園がいいらしいよ」という情報をいただいていたので向かうことにした。

美術館というと都市部にあるようなイメージだったのだがこの美術館は山間の田園地帯の中にあり意外だった。

 

中に入り 広告にもなっているカットを撮ってみた。窓枠が額になっていて絵を見ているような感覚だ。季節で楽しめそうだなと思った。秋や冬に訪ねてもいいかもしれない。

ISO 100, f8, 1/125 で撮影。

 

少しだけ庭に出られる場所から撮影。よく見ると右奥に滝が見えるが借景である。

後方に見える山は道を隔てた先にある。よくこんな景観をつくったなと思う。

 

別の窓からの景観。なんとも言えない。やはり紅葉や雪の時にも見てみたい。

夕方になり宿を確保しなければならなくなったので移動することにした。

山陰道を使い鳥取まで移動する。鳥取といえば「あれ」だろう。

 

ちょうど日没の時間、それを見に人が訪れていた。

早くしないと日が沈んでしまうので急いで砂の山を登る。足がとられてなかなか進めない。

 

夕日を見つめる親子がいた。いい雰囲気なので撮ったら太陽が不思議な感じになってしまった。それにしても海風が強く寒い。右側の父親がそりを風よけにしていて「いいなそれ」などと思ってしまった。

 

水平線に漁船の明かりが見え始めた。等間隔に並んでいるように見えて不思議だった。

 

日が沈み帰る人、これから向かう人。砂丘の稜線と空とのコントラストが美しい。

いい写真が撮れたのでこの時間にしてよかった。さて宿を探さねば。

 

 

 

ゴギを巡る旅 - 後編

ゴギを巡る旅 - 前編 - 日々に疎し

からの続き。

一向にゴギを釣れる気配がしないため思い切り場所を移動することにした。

島根県でのゴギの生息域は東が斐伊川水系、西が高津川水系と言われている。

昨日の状況から思い切って正反対の方向に向かい、高津川水系へ移動することにした。

天気は良かったのだが黄砂のような塵で山がかすんで見える。

写真は高津川とその支流の合流地点だ。ここから上流へと上って行く。

 

この支流に入って驚いたのだがかなり上流まで魚道が整備されていることだった。

いろいろな河川へ行ったがこんな上流にまで魚道を設けている河川はあまり見たことがない。

調べてみると一級河川で唯一、ダムがないらしい。島根県でも自然を守るためにいろいろと取り組んでいるようだ。

島根県:高津川で魚道改修に向けた現地調査が実施されました。(トップ / しごと・産業 / 水産業 / 地方機関 / 浜田水産事務所 / 水産業の振興 / 活動紹介)

 

入渓できるポイントを探しつつ歩いているとずいぶんと昔に廃棄されたバスがあった。

旅館が所有していたものだろうか。

 

よさげなポイントを見つけたので竿を出す。

早い時間だったので幸いまだ人が入ったような形跡はない。

川の上に張った蜘蛛の巣を壊しつつ釣りを始めた。

 

なかなかいいサイズのヤマメが飛び出した。

この河川のヤマメは顔が丸く見える。

 

ふと目の前の木に目をやるとクマが爪をといだ後が残っていた。

傷はふさがっているのでもうだいぶ古いようだ。

新しかったらと思うとぞっとする。

幸いにも釣りをしていてクマに遭遇したことはないのだけれど、このまま会うことがなければいいなと思う。

 

 

よさそうなポイントが続く。

狙えば必ず出るような状況でこれは期待できそうだなと思った。

 

上のポイントから出たヤマメ。

この川のアベレージサイズは 20cm 以上でこの時期にしてはいい。

 

やっと釣ることができたゴギ。

白点が鼻先まで続いている。

 

きれいなオレンジ色の腹。

体側のオレンジの斑点もきれいだった。

 

「よしこの調子でもっと釣るぞ」と思い渓流を上ろうとしたとき、水中に沈んだ岩の上でズルっと滑ってしまった。

「あ、これはやってしまったな」と思い水から上がるとウェーディングシューズのソールと側面がはがれてしまっていた。

10年以上使い続けたので、この次の釣行で最後かな、などとおもっていたのだがその前に壊れてしまった。

こうなるとどうしようもないので釣りをあきらめて川から上がることにした。

目的のゴギは2匹だけだったがなんとか釣ることができてよかったと思う。

別の水系のゴギはまた模様が微妙に違うようなので次の機会には狙ってみたい。

山陰のゴギを巡る旅は目的を達成し無事帰路につくことができた。