日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

出雲から山陰を巡る

休日を利用し出雲の国へ。

山陰地方を訪れたことがなく、一度は行ってみたいと思っていた出雲大社へ。出雲の神様は「縁結びの神様」で我々がよく聞いたことがある「だいこくさま」との事だ。

出雲大社の解説によると単に「男女の縁結び」というだけでなく「互いの発展のためのつながりが結ばれる」ということらしい。

神社での参拝の方法といえば「二礼二拍手一礼」が一般的だがここ出雲大社では「二礼四拍手一礼」だそうだ。いい出会いがあるようにと願い散策を続ける。

 

本殿の脇から屋根を撮る。逆光で難しいが何とか撮ることができた。

訪れたのが休日の昼ごろだったためか人が多く、ブログに載せられるようなカットがほとんど撮れずに残念だ。

 

酒樽が置かれていた。行事の時にでも振舞われるのだろうか。

ISO 100, f4.5, 1/800 で撮影した。f4.5 でこの解像である。

何枚か写真を撮ったがどこに行っても人が映り込んでしまう状態だったのと、昼時でおなかがすいてきたので移動することにした。

 

出雲といえば「出雲そば」が有名だ。写真のように重なっていて上から順に食べていく。いわゆる「ぶっかけ」でこの器に直接つゆをかけていただき、残ったつゆを次の段に入れて食べる。

東京のそばとは全然違う。福井には「越前おろしそば」があるがそのつゆを少しこくしたような感じが近いかもしれない。

 

 

5段はそれぞれ薬味が違う。

ISO 200, f1.6, 1/80 で撮影。ピントが薄い。

お腹もいっぱいになったので少し休んで移動することにした。

旅行の前に「島根に行く」と人に伝えたら「足立美術館の庭園がいいらしいよ」という情報をいただいていたので向かうことにした。

美術館というと都市部にあるようなイメージだったのだがこの美術館は山間の田園地帯の中にあり意外だった。

 

中に入り 広告にもなっているカットを撮ってみた。窓枠が額になっていて絵を見ているような感覚だ。季節で楽しめそうだなと思った。秋や冬に訪ねてもいいかもしれない。

ISO 100, f8, 1/125 で撮影。

 

少しだけ庭に出られる場所から撮影。よく見ると右奥に滝が見えるが借景である。

後方に見える山は道を隔てた先にある。よくこんな景観をつくったなと思う。

 

別の窓からの景観。なんとも言えない。やはり紅葉や雪の時にも見てみたい。

夕方になり宿を確保しなければならなくなったので移動することにした。

山陰道を使い鳥取まで移動する。鳥取といえば「あれ」だろう。

 

ちょうど日没の時間、それを見に人が訪れていた。

早くしないと日が沈んでしまうので急いで砂の山を登る。足がとられてなかなか進めない。

 

夕日を見つめる親子がいた。いい雰囲気なので撮ったら太陽が不思議な感じになってしまった。それにしても海風が強く寒い。右側の父親がそりを風よけにしていて「いいなそれ」などと思ってしまった。

 

水平線に漁船の明かりが見え始めた。等間隔に並んでいるように見えて不思議だった。

 

日が沈み帰る人、これから向かう人。砂丘の稜線と空とのコントラストが美しい。

いい写真が撮れたのでこの時間にしてよかった。さて宿を探さねば。

 

 

 

ゴギを巡る旅 - 後編

ゴギを巡る旅 - 前編 - 日々に疎し

からの続き。

一向にゴギを釣れる気配がしないため思い切り場所を移動することにした。

島根県でのゴギの生息域は東が斐伊川水系、西が高津川水系と言われている。

昨日の状況から思い切って正反対の方向に向かい、高津川水系へ移動することにした。

天気は良かったのだが黄砂のような塵で山がかすんで見える。

写真は高津川とその支流の合流地点だ。ここから上流へと上って行く。

 

この支流に入って驚いたのだがかなり上流まで魚道が整備されていることだった。

いろいろな河川へ行ったがこんな上流にまで魚道を設けている河川はあまり見たことがない。

調べてみると一級河川で唯一、ダムがないらしい。島根県でも自然を守るためにいろいろと取り組んでいるようだ。

島根県:高津川で魚道改修に向けた現地調査が実施されました。(トップ / しごと・産業 / 水産業 / 地方機関 / 浜田水産事務所 / 水産業の振興 / 活動紹介)

 

入渓できるポイントを探しつつ歩いているとずいぶんと昔に廃棄されたバスがあった。

旅館が所有していたものだろうか。

 

よさげなポイントを見つけたので竿を出す。

早い時間だったので幸いまだ人が入ったような形跡はない。

川の上に張った蜘蛛の巣を壊しつつ釣りを始めた。

 

なかなかいいサイズのヤマメが飛び出した。

この河川のヤマメは顔が丸く見える。

 

ふと目の前の木に目をやるとクマが爪をといだ後が残っていた。

傷はふさがっているのでもうだいぶ古いようだ。

新しかったらと思うとぞっとする。

幸いにも釣りをしていてクマに遭遇したことはないのだけれど、このまま会うことがなければいいなと思う。

 

 

よさそうなポイントが続く。

狙えば必ず出るような状況でこれは期待できそうだなと思った。

 

上のポイントから出たヤマメ。

この川のアベレージサイズは 20cm 以上でこの時期にしてはいい。

 

やっと釣ることができたゴギ。

白点が鼻先まで続いている。

 

きれいなオレンジ色の腹。

体側のオレンジの斑点もきれいだった。

 

「よしこの調子でもっと釣るぞ」と思い渓流を上ろうとしたとき、水中に沈んだ岩の上でズルっと滑ってしまった。

「あ、これはやってしまったな」と思い水から上がるとウェーディングシューズのソールと側面がはがれてしまっていた。

10年以上使い続けたので、この次の釣行で最後かな、などとおもっていたのだがその前に壊れてしまった。

こうなるとどうしようもないので釣りをあきらめて川から上がることにした。

目的のゴギは2匹だけだったがなんとか釣ることができてよかったと思う。

別の水系のゴギはまた模様が微妙に違うようなので次の機会には狙ってみたい。

山陰のゴギを巡る旅は目的を達成し無事帰路につくことができた。

ゴギを巡る旅 - 前編

山陰地方の山奥にゴギと呼ばれるイワナの亜種が生息している。

そんなことが書いてある雑誌を読んだのは90年代の中頃だったと思う。

当時イワナやヤマメすら釣ったことがなかった(まだ中高生だったので自転車でいける範囲にいる渓流の魚といえばアマゴくらいだった)私は「ヘー、そんな魚がいるのだなあ」程度にしか思わなかった。

2000年ごろになると釣りもあまりやらなくなり、そしてその存在も忘れかけていた。

それから数年ほどしてだろうか。友人と釣りを再開することになった。

理由はよく覚えていないが車を所有したことがきっかけだったように思う。

関東近辺の河川や東北、北海道にも足をのばして釣りに行った。

いろんな場所で釣りをしているうちに日本にいる渓流魚、鮭や鱒のなかまをすべて釣ってみたいという欲求にかられた。

理由はわからないが男性特有の収集癖のようなものだと思う。

たいした理由はない。

本州にはイワナの仲間が4種類、アメマス、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギが生息しており、このうちゴギだけまだ釣ったことがなかったのだ。

それで連休を利用し遠出することにしてみた。

 

まずは広島県の山奥を探ってみる事にした。

新緑の色がきれいだった。

 

谷間の田園を抜け小さな渓流を探ってみる。

渓相はなかなかよさそうだ。

 

15㎝ に満たないような小型のヤマメが数匹釣れた。

ここのヤマメにはアマゴのような朱点があった。

放流をするような川ではないように思うので天然でこういった魚体なのだろう。

反応はあるがヤマメしか釣ることができなかったためこの日は切り上げて移動することにした。

 

翌日は別の河川へ移動し釣りを再開した。

田植えの時期のようで田に水を張って代搔きが終わっている様子だった。

連休の後半には田植えをするのだろう。

その脇を流れる細々とした流れを探ってみることにした。

代掻きの影響か流れには少し濁りが入っていた。

 

川幅が狭く狙えるポイントが少ないのでこういう場所を丁寧に釣り上がっていく。

 

上のポイントの右側で反応してくれた 22㎝ のヤマメ。

透き通っていて若干の赤みがありキレイだった。

こんな小さな流れにこのサイズのヤマメがいるのは驚きだった。

しかし釣れどもゴギは釣れず。

近くの河川も細々としていたり、ゴギの保護のために禁漁になっていたりで全く釣れる気がしなくなってしまったためこの日はここで川を上がる事にした。

 

斐伊川沿いの民家には立派な鯉のぼりがかけられていた。

家の方に写真を撮ってもいいかと尋ねると快諾してくださった。

そのついでにゴギについて聞いてみたのだが「昔のようには釣れないなあ」「源流のもっと奥へ行かないと難しいと思う」と返されてしまった。

教えていただいた場所の少し下流で釣っていたのだがハヤしか釣れず、流れも本当に細々としていたため切り上げたところだった。

話を聞いてこの地域で釣るのは地元の人でないと難しいなと感じてしまった。

もっと簡単に釣らせてくれると思っていたのでこれは作戦を立て直さねばと思った。

後編に続く。

ゴギを巡る旅 - 後編 - 日々に疎し

 

宮島散策

GW の連休を利用して広島の宮島へ行ってきた。

宮島は通称で正式には厳島というようだ。

今回は SIGMA 35mm f1.4 で撮影してみた。

朝早かったためフェリー乗り場に人はほとんどいなかった。

 

始発のフェリーに乗り宮島へ向かう。

漁船だろうか。広島といえば牡蠣が有名だがこのあたりでも養殖しているのだろうか。

 

フェリーで前に座っていた方が連れていたチワワ。

 

商店街を抜け神社へ向かう。

早い時間なので開いている店はなかった。

 

有名な鳥居。引き潮でかなり近くまで行くことができた。

 

鳥居を背に正面から。中央にある台は式典などで使われるのだろうか。

 

誰もいない廊下を歩く。

 

鳥の声がするので見てみると枝をくわえた小鳥がいた。

どうやら境内に巣を作っているようだった。

あえて放置しているのだろうか。

 

境内を抜けると鹿に出会った。

落ちた桜の花びらを食べていた。

宮島はいたるところに鹿がいるのだが、人を怖がりもせず近づいても逃げるようなことはなかった。

 

私は初めての宮島なので知らなかったのだが意外に広く、川も流れていて驚いた。

山の方へ向かってみることにした。

 

 阿吽の間を抜け階段を登る。

 

よく見ると昭和十四年と書かれている。戦前のもののようだ。

緑青が出てしまっているが当時は金色だったのだろう。

 

階段の中央にはマニ車のついた手すりがあった。

チベット仏教の寺院なのだろうか。

 

階段の脇には大量の石仏があり、毛糸の帽子を被っていた。

 

寺の脇には谷があり渓流があった。

谷はそんなに深くはないはずだが、その割に水量があり驚いた。

広葉樹が多いのだろう。

 

渓流脇の登山道には石仏があった。

 

山を降りると商店街があり有名なもみじ饅頭のお店があった。

どの店も型が見えるように設置してあるようだった。

 

先ほどまでいた山の寺院を望む。

 

厳島神社のすぐ近くにある寺には人が全くいなかった。

 

寺から見える景色。

 

帰りに商店街を歩く。

上のじゃばらの屋根は畳んでおけるようで、ここでしか見たことがない。

必要があれば日も入れられるのですごくいいアイディアだなと思った。

 

 

里川でアマゴ釣り

f:id:hagaeru3sei:20170316131220j:plain

日本では北海道を除く自治体で鮭、鱒類に禁漁期間が設けられており、多くの地域で10月から2月までが禁漁となる。

3月で解禁となり連休もあるので地元に戻り友人と釣りをしてきた。

SIGMA sd Quttro H + 70mm/f2.8 MACRO で魚を撮るのは初めてなので釣れるのが楽しみだ。

f:id:hagaeru3sei:20170316102510j:plain

ここは中学生のころによく釣りをしていた場所なのだが、数年前の台風による大雨で川底に土砂がたまり、魚が定位できる場所がほとんど無くなってしまった。

数少ないポイントを狙うも魚の反応はまったく無い。

また昔にはなかった柵が土手の上に張り巡らされており川に入る場所を探すのに時間がかかった。

これは近年に増加した鹿対策で、川から上がってきた鹿が畑などに侵入できないようにするためのようだ。

川を上がると地元の方に話しかけられたがこの辺はぜんぜん釣れないから他へ行ったほうがいいと教えてもらった。

それと鹿のせいでヒルがいるから気をつけてとの事だ。

草むらを歩くと靴を上って侵入してくるらしい。

魚の反応がまったく無いのとヒルの話でなえてしまったので早々に場所を変えることにした。

f:id:hagaeru3sei:20170316102647j:plain

川の脇には桜が咲いていた。

この時期だと彼岸桜だと思うが今年は寒かったようでまだ3分咲きくらいだった。

f:id:hagaeru3sei:20170316144953j:plain

別の川へ移動し数匹のアマゴを釣ることができた。

一枚目の写真はそのうちの一匹。

川から上がるとフキノトウが芽を出していた。

天ぷらにすると最高にうまいのだが、このくらいまで大きくなるとフキみそにするといい。

2017年の釣りはじめはなかなかよかったと思う。

f:id:hagaeru3sei:20170317110434j:plain

翌日は友人と別の里川で釣り。

里川なので渓流と違い川に入りやすい。

この場所にはまだ鹿用の柵は設置されていないようだった。

f:id:hagaeru3sei:20170317103134j:plain

この時期は水温がまだ低いので魚の活性が低い。

このため渓流よりも流れの緩やかな里川の方が魚の反応がいい。

渓流は5月ごろからだろう。

f:id:hagaeru3sei:20170317100935j:plain

浅瀬にはハヤの稚魚が群れていた。

f:id:hagaeru3sei:20170317132745j:plain

ふと足元の石に目をやると沢ガニがいた。

近づいても逃げず、逆に威嚇されてしまった。

f:id:hagaeru3sei:20170317135029j:plain

やっと釣れたと安堵した友人。

f:id:hagaeru3sei:20170317124943j:plain

あまり大きくはないが釣れないよりはいい。

この個体は朱点が少ない。

f:id:hagaeru3sei:20170317141328j:plain

こちらは私が釣ったアマゴ。

この時期にしてはまあまあのサイズ。

このまま成長してくれればオフシーズン直前の9月には25㎝ほどにはなっているだろうなどと思いながらリリース。

また楽しませてもらいたい。