日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

セコイア国立公園

カリフォルニア州バイセリアから東へ向かうとセコイア国立公園がある。

セコイアと呼ばれる世界でも最大級の針葉樹が数多く生えているエリアだ。以前から行ってみたいと思っていたので立ち寄ることにした。

 

道中の VISTA POINT からの光景。

左側に見えるのが Moro Rock で標高 2050m。 右側に見えるのが Castle Rocks で標高は 2798m 。中央に小さく見える山は Mount Eisen で標高は 3707m もある。

遠近感で実際の標高とはちくはぐに見える。

 

ジェネラルズハイウェイを進む。沿道のいたるところに車よりも太い巨木が生えている。見たことのない光景に圧倒される。

 

Giant Forest Museum へ車を止め、ビッグツリーズトレイルを歩く。

 

まるで巨大な生物の足のようだ。セコイアの樹齢は2000年を超えるものもあると聞くがこの木はどれほどなのだろうか。

 

この木は大きな岩を飲み込もうとしている。広角レンズで撮影しなければ全体を撮ることができない。

 

トレイルをしばらく進み、湿原の方を見ると何かが動くのが見えた。50m ほど離れていて見えにくいが中央に見えるのがブラックベアだ。初めて野生の熊に遭遇した。夢中で何かを食べているようだった。一瞬「もっと近くで撮影したい」と思ったがさすがにそれはやめておいた。

 

山火事になっても外側が焦げただけでまだ生きている。こんな巨木がそこかしこに生えているのだ。

 

帰り道、別のトレイルを進むと沿道に小さな花が群生していた。35mm で撮影したがピント面のシャープさと前後のボケの自然な感じがいい。

 

観光客が足を止めていたので挨拶すると「あれを見て」と指をさす。その先の巨大なセコイアの根元に鹿が休んでいた。奈良や広島にいる鹿のサイズを思い出すとこの木の大きさが想像できると思う。

明るく見えるがもう午後6時をすぎている。この時期のカリフォルニアの日没は8時半ごろでとても遅い。

そろそろ寝る場所を探すことにした。