日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

禁漁前の釣行

いつも渓流釣りに行くメンバーに「禁漁の前に釣りに行こう」と声をかけるとすぐに「OK」と返事が返ってきた。

日本の北海道以外の河川の多くは 3/1 から 9/30 まで、イワナやアマゴなどの渓流魚が解禁となり釣りができるのだが、その期間外は禁漁となる。その期間の最後に渓流釣りの締めとして釣りに行きたくなったのだ。場所は山梨県富士川水系へ行く事になった。

現地に到着すると台風一過で秋晴れの空が美しかった。空気も変わったように感じる。もうすぐ秋だ。

 

目的の渓流に到着した。

前日の雨の影響で多少増水しているように思える。川底の石の色が違うので左側は普段は水が流れていないのだろう。水も澄んでいるのでこの程度の増水であれば問題はなさそうだ。

 

早速友人が釣り始める。魚の反応はどうだろうか。

 

釣り始めてすぐに 22cm ほどのアマゴを釣り上げた。アマゴはヤマメと違い朱点が体側に散りばめられている。ヤマメはサクラマスの陸封型、アマゴはサツキマスの陸封型だ。アマゴの分布域は伊豆半島より西の太平洋側、四国、九州の一部までとなっている。

 

河原を上流へ進むと台風の時にでも押し流されたのだろう。大きな流木が横たわっていた。前日の雨が大雨にならずによかったと思う。

 

友人が釣り上げたポイントの少し上流で釣らせてもらうとすぐに反応があった。

「デカい!」

普段とは違う反応に興奮して友人に声をかける。去年もこの河川で大きなイワナを釣り上げていたので友人が「イワナかな?」と返事があるがどうも違う。引き寄せてネットに収まったのは指4本、手のひらほどの体高のあるアマゴだった。

 

体長はちょうど30cm。こんなアマゴをフラフィッシングで釣り上げたのは初めてだ。

 

これで友人二人に火がついたようでどんどんと釣り上がっていく。

 

釣り上がる途中に何度か見かけた蛙。名前が分からないのでネットで調べてみるとアズマヒキガエルという種類のようだ。近づいても全く逃げようとはしなかった。

 

友人が何度か釣り上げるのだがあまりサイズが上がらず苦笑いしている。

 

もうすぐ夜になる。最後にもう少しねばってみたのだが魚の反応はあまり良くはならなかったので上がる事にした。

前日の雨の影響か反応が渋かったのだが、あの1匹が釣れた事で2017年の釣り納めは楽しめた。また来年、さらに大きくなった魚が釣れる事を願って。