日々に疎し

釣り, カメラ, 日々の雑感とか

お伊勢参り

以前から一度は訪ねてみたいと思っていた伊勢神宮へやってきた。

何も下調べをせずに訪ねたため内宮と外宮があることも知らず到着してからどちらへ行ったらいいのかとネットで情報を検索することになった。

 

ひとまず外宮とその周辺を散策することにした。

早朝のためか人の姿はまばらだった。

 

神社というよりは森と言ったほうがいいのかもしれない。回りながら撮影してみたのだがなかなかいい写真が撮れず、一通り見終わったらすぐに内宮に移動することにした。

 

場所を変えて内宮周辺を散策する。早朝のためこちらも人はまばらだ。

 

巨木に囲まれた社。早朝にもかかわらず多くの人が立ち替わりお参りをしていた。

 

昨年、島根の出雲大社を訪ねたときにもこの屋根の形をみかけたな、などと思っていたのだが後で調べてみると別物のようで、伊勢神宮は神明造で出雲大社は大社造となっているのだそうだ。素人目にはまったくわからない。

一通り見終えたので商店街まで戻ることにした。

 

有名なあのお店の前にまで来てみたのだが日持ちしないため結局何も買わなかった。

 

何かを見てたたずむ着物を着た女性の姿があった。いい雰囲気だったので撮らせていただいた。こういう場所には着物がよく似合う。

 

屋根には羽を休ませるツバメの姿が見えた。かなり近づいても逃げる様子はない。

 

川との距離がものすごく近くに見えるのだが大雨で河川が氾濫するというようなことはないのだろうか。歩き疲れてお腹もすいたので早めの昼食をとることにした。

 

伊勢名物の伊勢うどん。初めて食べたがなかなかおいしい。事前の友人たちからの情報では酷評だったので意外とそう思えたのかもしれない。やわらかい麺と濃い色のたれをよく絡めていただく。「うどん」というよりは「おやつ」のような感じなのかもしれない。美味しくてするっと食べてしまった。

 

こちらも名物のてこね寿司。伊勢うどんだけだと若干の物足りなさがあったのでこちらもいただく事にした。かなりあっさりめの味付けになっている。

ピントを合わせたつもりだったが被写界深度が浅くぼけてしまっている。室内で光量が足りなかったため開放で撮影したのだがそれがあだとなったようだ。SIGMA のカメラは高感度での撮影が苦手なため、ISO 100 - 400 の間で絞り開放で撮る事が多いのだがそうすると被写体によってはピントの位置がずれてしまうことがままある。

 

最後に内宮からすこし離れた場所にある月読宮を訪ねてみた。内宮周辺は駐車場がなかなか止められずに探し回ったのだがこちらはすいていて駐車料金もとられずに駐車することができるようだった。歩いてここまで来てしまったので車で移動すればよかった。

お参りを終えたので次の宿へ向かうことにした。